本文へ移動

理念

生坂村社会福祉協議会 経営理念

今日まで培ってきた生坂村社会福祉協議会の伝統的な活動の中から職員の意識をまとめ、これを共有することで、目的に向かって全職員が一体感を持ち、力を合わせより良い社会福祉環境をめざして活動に取り組んでいく為に経営理念を定めます。
 
生坂村社会福祉協議会は、地域住民の信頼と期待に応える組織を構築し、
全職員の物心両面の幸せを求めます。
 
1.利用者さまに心のこもった最高のサービスを提供します。
2.社会福祉法人とし自立していくことで、地域の維持・発展に貢献します。

経営姿勢

私たちは社会福祉事業をはじめ地域福祉推進事業を積極的に取組みます。
そのために、自主的な経営基盤の強化、福祉サービスの質の向上に努めます。
これらの活動を通して人々の信頼と期待に応えられたとき、法人とし自立することができ、サービスを提供する職員の心の幸せにつながると信じています。

行動指針

利用者のために
1.心から利用者のために笑顔で応えます。
2.私たちは、利用者と真摯に向き合い、誠実な心で対応し、信頼関係の構築に努めます。
 
地域のために
1.村民が最後迄ここに住み続けたいと思い、その実現のために支援・サービスを提供します。
2.地域の皆様にいつも笑顔で誠実に向き合い、何事も気軽に相談できる社協を目指します。
 
社協のために
1.必要とされる社協であるために、求められるサービスをよりよい形で提供できるように努めます。
2.無駄を省き、各事業所が連携・協力しあうとこでより良いサービスを提供し、社協の健全運営・自立を目指します。
 
自分自身の成長のために
1.「ありがとう」心のキャッチボールを大切に、誰もが心豊かな人生を送れるように目指します。
2.心のこもったサービスを目指し、チームワークで利用者に接し、互いの人格を尊重し認め合うように努めます。
 
TOPへ戻る